ヤマト運輸が新しい農産品流通サービスをスタート

ニュース・新着情報

ヤマト運輸株式会社が、やさいバス株式会社(静岡県)と提携し、2020年6月8日から、やさいバスのシステムとヤマト運輸の宅急便ネットワークの連携による新しい農産品流通サービスを開始しました。

地域経済の活性化を加速させるビジネスモデル構築を目的としての協業。今後は受取拠点として宅急便センターを展開するなど、対応エリアを拡大していく可能性があり、新たな流通網を形成する可能性があります。

そんな、物流大手が手掛ける農産物の新しい流通サービスの一部をご紹介します。近い将来のスタンダードになっていくかも?!

出荷団体に頼らない販路開拓の課題

昨今、ECを通じて、あらゆる商品やサービスを消費者に直接販売することが可能になりましたが、農産品流通においては、出荷団体を介した販売が多くの割合を占めています。その要因には、生産者の高齢化などで、ECを活用した販路開拓の仕方がわからない、物流面でも小ロット多頻度の輸送手段や購入者の希望する輸送品質の確立が必要になるなどさまざまな課題がありました。

こうした課題解決に向けて、農産品の生産者と購入者を「つなぐ」システムを持つやさいバスと、日本全国に張り巡らされた宅急便ネットワークを持つヤマト運輸両社が経営資源を掛け合わせることで、ECを活用した販路開拓と、送り状の準備などの出荷業務効率化を支援する、新しい農産品流通サービスを提供します。両社はこうした地域産品の販路拡大支援を通して、地域経済の活性化を加速させるビジネスモデルの構築を目指します。

どんなサービスなの?

  1. 購入者は、事前にやさいバスのサイトから会員登録をします。
  2. 購入者から注文を受けた生産者は、やさいバスのサイトに出荷場として登録された宅急便センターに農産品を持ち込みます。
  3. 商品は、ヤマト運輸が宅急便ネットワークで輸送します。
  4. 購入者は、受取拠点として指定したネコサポステーションで最短翌日に農産品を受け取ることできます。

今回、新しい農産品流通サービスの第一弾として、地域の課題解決に取り組んでいるヤマト運輸のネコサポステーション3店舗(東京都多摩市)を受取店舗として利用が可能です。付近の生活者や小売店、飲食店は、当サービスを通じてさまざまな地域で収穫されたこだわりの農産品を購入することができます。

どこで農産品を購入できるの?

野菜を注文した生活者は、購入した品物を以下の店舗で受け取ることが可能です。

【受取可能店舗】
ネコサポステーション
  永山店                東京都多摩市永山4-2-3-105
  貝取店              東京都多摩市貝取4-2-1-10
  グリナード永山店   東京都多摩市永山1-4グリナード永山3F

参画している生産者、取り扱っている農産品については、やさいバスのサイトより確認することができます。(https://vegibus.com/

【生産者情報】
静岡県、長野県、神奈川県、東京都、茨城県における生産者(6月8日サービス開始時点)
※中部地域、関東地域を中心に順次拡大していきます。

ネコサポステーションでは、利用者の要望に応じて登録や購入の手続きをサポートしてくれるそう。初めての方でも安心ですね。

利用するとどんなメリットがあるの?

【購入者のメリット】
生産者の顔が見える高品質な農産品を、さまざまな地域からスマホなどで簡単に仕入・購入することができます。採れたての農産物を手近な店で購入できることは大きなメリットと言えそうです。

【生産者のメリット】
購入者だけではなく、生産者である農家・農業法人のメリットも大きいです。

  • ECを活用した遠隔地への販路開拓が進められます。
  • 消費者への直売だけでなく小売店や飲食店などへの直卸しが可能になり、出荷団体を介した販売より、利益率の増加が見込めます。
  • 消費者に直接販売することで、こだわりの農作物を新鮮なまま消費者にお届けすることが可能です。
  • 出荷指示や送り状の準備など出荷業務の効率化が可能になります。

今後どんな展開が待っているの?

やさいバスのノウハウと、ヤマト運輸が地域で培った顧客接点を活かして、地方でこだわりの農産物を栽培している生産者と、高品質で安心安全な野菜や果物を購入したいと考える販売店や消費者を、直接「つなぐ」ことで地域活性化に貢献していくことになります。

また、より多くの方がご利用いただけるよう、受取拠点として宅急便センターを展開するなど、取扱エリアの拡大を目指していくとのこと。

団体を経由すると利幅が少なく、「儲かる農業」という理想とは程遠い実態が生まれてしまうということが、農家さんに共通の課題意識になっているといいます。

そんな中で新たな流通網が成果を上げていくと、農家にとっても消費者にとっても、新しい未来の農業流通の道が開けそうな気がします。
今後の展開が非常に楽しみです!

s.yamamoto

17,380 views

ツチカウ編集部の山本です。マーケティングを生業としながら、米とカボチャを生産する両親を支えつつ、日本の農の未来に想いを寄せています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。