明日からだってできる!スタートしやすい水耕栽培

育て方シリーズ

水耕栽培とは、土ではなく、水と液体肥料で育てる栽培方法のこと。対して、土を使った栽培方法は、土耕栽培といいます。

「茎をカットして、根を水に浸しておけば茎がまた伸びてくる」のも、水耕栽培。野菜の値段が高騰したときに人気になった、「豆苗栽培」を経験した方もいらっしゃるのではないでしょうか?

明日からだってできる!スタートしやすい水耕栽培

水耕栽培の土台には、柔らかいスポンジやハイドロボール(粘度を焼いて発砲させたもの)を用います。容器は、ある程度の深さがあって日の当たるものであれば、ペットボトルやタッパーでもOKです。

土壌で家庭菜園を始める場合は、畑やプランター、それらのスペースなどが必要となりますが、水耕栽培なら省スペースから始められます。

また、土で悩まされる虫の発生が抑えられますし、天候に左右されることもありません。さらに、室内で育てれば、グリーンインテリアとしても楽しめる一面も備えます。容器にこだわるのも、楽しそうです。

育てられるものは、チューリップやヒヤシンスなどの球根作物や、先ほどの豆苗、そのほかブロッコリースプラウト、レタス、ハーブ、小松菜、パセリ、ネギなどです。

水耕栽培のメリット

水耕栽培のメリットを、いくつか挙げてみました。

キッチンなど、小さなスペースでも簡単に栽培できる

料理のたびに、少しずつ新鮮なレタスや、ハーブを摘み取ることもできます。キッチンで育てた植物を、料理の彩りとして添えられて、とっても便利です。

土を使わない

土を使わないので、手が汚れませんし、雑草が生える心配もありません。また、土から虫が湧くことも抑えられます。

安心感を持って野菜を食べられる

虫がつきにくく、雑草も生えないので、殺虫材や除草剤に触れていない野菜を食べられます。また、自分で育てた食材ということに、安心感や愛着も持つことができます。

土耕栽培に比べて成長のスピードが速い

土耕栽培の場合、作物は土壌をかきわけて根を張るため、根は土の抵抗を受けてしまいます。反対に、水耕栽培では水を用いているため、根にかかる抵抗が土よりも少ないのです。土耕栽培よりも、速い成長が望めます。

気候に左右されずに栽培できる

外気の場合、季節によって育てやすい植物がありますが、室内で育てられることにより、一年中の栽培が容易です。また、屋外の場合は長雨や、気温の変化によって生育が脅かされることがありますが、水耕栽培は安定した栽培が可能です。

ガーデニング・園芸初心者でも簡単に栽培できる!

気軽に始めて収穫しやすい栽培方法。室内でも大きく成長する、植物の力強さを感じられます。

水耕栽培のデメリット

続いて、水耕栽培のデメリットを、いくつか挙げてみました。

室内で栽培するため、日光が不足する

室内で育てられることはメリットなのですが、必要な日光を得られないデメリットと隣り合わせです。同じ室内でも、窓際に置くと日光が増えて、植物も喜びます。植物栽培用のLEDライトを使用することも解決方法です。

水が腐りやすい

土壌栽培では、水循環は土壌の役目ですが。しかし、水耕栽培では、循環が起こりません。そのため、人の手によって、水をこまめに取り換える必要があります。

水耕栽培の注意点

水質を落とさないように、水替えをする

水は、時間が経つと質が落ちていきます。水耕栽培で使用する水は、植物の栄養がたくさん溶けた水となるので、植物だけでなく、カビや虫にとっても好ましい環境になっています。こまめな水換えが必要です。

適切な肥料の量を守る

適切な分量の、肥料を与えます。栽培する作物によって、適切な肥料の量は変わってくるので、適応表を参考にします。少なすぎると植物の生長は著しく阻害されてしまいますし、多くても植物が大きくなりすぎてしまい、おいしさが失われてしまいます。

液体肥料を使用する

水耕栽培には、液体肥料が向いています。液体肥料を水で薄めたり、粉状肥料を、水に溶かしたりするのが一般的です。肥料が水に溶けることで早い吸収が見込めます。

「化成肥料」を使用する

液体肥料には「化成肥料」と「有機肥料」の2つのタイプがありますが、水耕栽培では「化成肥料」を使用します。化学農薬を使いたくないという方もいらっしゃるかもしれませんが、水耕栽培では、有機質由来の肥料を原則使ってはいけないのです。

有機質肥料の目的は、土壌の中に住む細菌の餌や温床になることによって、土壌の生物性を改善することです。そして、その養分効果が発揮されるのは、半年先になります。長期スパンを想定する土壌栽培に適していても、短期スパンの水耕栽培では、期待した効果は得られません。また、水の中に有機物を入れることは水を腐らせる原因になってしまいます。

水耕栽培まとめ

自宅でもできる水耕栽培。ぜひご自宅でも、水耕栽培に挑戦してみてはいかがでしょうか?

竹中 唯

329 views

7年間の会社勤めの後、ライターとして長野県松本市を拠点に活動。農家さんの畑に対するこだわりを伺い、その農家さんの作物を料理する、味わうことが大好きです。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。