これからは機械で刈る。トラクタで楽に手早く刈れる草刈り機3選

農業のヒント

草刈り作業は、作物の品質管理を図る上で非常に重要とされながら、 作業者にとっては大きな負担になっていないでしょうか。 個人農家はもとより、 広い面積を扱う専業農家の方々にとっても、草 刈りの作業時間の短縮、省力化は課題の一つ だと思います。 そこで今回は「草刈作業の能率化 」をテーマに、トラクタに 取り付けて草を刈るフレールモアについてご紹介します 。

フレールモアとは?

通称(「モア」)は、雑草を刈りとるだけでなく細かく破砕するための専用機材です。 通常、トラクタ後部に装着し平地 での草刈りを行うのがソレですね。

リンゴやブドウなど、果樹園の下草刈りはもちろん、休耕田、空き地やグランド公園から河川敷まで、いろいろな場所で、雑草刈にもご使用いただけます。また、刈り取った草は、チップ状緑肥となり、残幹処理が必要ありません。

1.あらゆる地形の草を刈る!ニプロフレールモア/スライドモア

まずは、ニプロフレールモアのご紹介です。長野県上田市に本社をかまえ長野県を代表する農機具作業機メーカーであり「NIPLO(ニプロ)」 ブランドにて圃場改良整備や耕起などの用途の作業機を製造、販売しています。 クボタ、 ヤンマー、イセキ、三菱といったメーカーごとに互換性を持つラインナップを有しています。

刈高を安定して軽快作業可能なゲージローラーにより、刈高が安定します。 土、石の噛みこみが少なくなることから軽快な作業が行えます。また、爪の摩耗軽減にもなります。 刈幅は、11~45psで約1200mm~1800mm。40~65psで約1800mm~2200mmとなっています。爪は、刈る種類によって2種類から選択できます。また、ランウェイクラッチ機構を採用し、クラッチを切ってもカッティング軸の回転慣性によるトラクタの押し出しを防ぎ、安全な作業が行えます。

より高い作業性の為に フレールモアにオフセット機構を追加したスライドモア

2本の油圧シリンダにより上方90°下方55°にもおよぶ作業角度を実現しました。また右方向にトラクタ中心から最大2350mm(TDSは2140mm)のオフセットが可能です。
注:TDM1600は複動2連、TDS1400は複動1連の外部油圧装置が必要です。

最大2350mmまでオフセット
法面下方は55°まで動作可能
法面上方は90°まで動作可能

2.フレール爪が4本増えて刈り取り性能UP!コバシフレールモア

次に紹介するのは、コバシフレールモアのご紹介です。岡山県岡山市に本社をかまえる農業作業機メーカー。下町ロケット最新シリーズにもモデル企業として取り上げられるなど、~地球を耕す~をモットーにKOBASHIの強みである土造りに欠かすことのできない作業機と耕うん爪の両方を生産しています。

刈高調整はハンドルを回すだけで簡単に調節ができます。また、サイドドライブ方式を採用。面倒だった保守点検を容易にしています。 刈幅は、12~32psで約1100mm~1800mmとなっています。爪は、衝撃の少ないフレールタイプで、刈刃を4枚増やし(FM1452・157・187のみ)刈り取り性能をさらにアップしています。刈刃の交換も簡単にできる新設設計です。

便利なワンタッチオフセット式

トラクタに装着したまま工具なしで簡単にオフセットできるリンクヒッチ機構を採用。(152シリーズのみ)

最大320mmオフセット可能

右方向へ最大320mmオフセットが可能な設定もあります。

3.新高耐久爪ホルダーにより耐久性アップ!ササキフレールモア

最後は、ササキフレールモアのご紹介です。 青森県十和田市に本社をかまえる農業機械・環境機械メーカー。 ササキ式畜力用カルチベーターが昭和26年、業界初めての名誉ある発明賞に輝き、洋式農機具づく りの先駆者として歴史に名を刻み、その精神は今日まで連綿と継承されております。

中・小型トラクタ用には、刈高さ無段階調整クランクハンドル採用。(0~20cm)ゲージホイールの間隔が調整でき、安定した作業ができます。ゲージホイールにはノーパンクタイヤを採用。大型トラクタ用には、大径ゲージローラーにより多少のぬかるみでも沈み込みを防ぎ、安定した作業が可能。ゲージローラーに付着する土を除去すスクレーバー装備で安定した刈高さを確保できます。

また、カバーを付けたままグリースアップができ、注油時間表示付きの親切設計やベルトテンションはカバーの外側から調整できます。刈幅は、11~35psで約1200mm~1600mm。40~60psで約1800mm~2000mmとなっています。爪は、ササキオリジナル2種類のナイフを用意。安全作業のランウェイクラッチ機構も採用し、安全な作業が行えます。

番外. 長いアームで急な法面でも高能率な草刈り ツインモアー

番外で、 三陽機器株式会社のツインモアーご紹介です。岡山県浅口郡里庄町に本社をかまえるメーカーです。 最近では自走式リモコン草刈機『AJK600』を開発、発売 。唯一、アーム式草刈り機を販売しているメーカーです。

刈幅は広くないものの、モアー部とアームはトラクタに乗ったままレバー操作だけでトラクタの車幅内にほぼ格納が可能で、草刈り作業時の障害物回避が容易に行え、作業効率が格段にアップし、安全なトラクタ走行が可能。 最大リーチも3700mmでガードレール越しや用水路越しの草刈りも可能です。左刈使用も選べます。(受注生産)

草刈り作業位置は、4ポジション
  1. 右サイドポジション モアー部が運転席ほぼ横側に位置し、運転席から 作業状態や障害物の視認が容易で、高能率の作業が可能。
  2. 右後方ポジション 最大リーチでの作業が行えるため、幅の広い法面や水路越しの草刈り作業が可能。
  3. 後方ポジション  トラクタ後方にモアー部をセットでき、トラクタ後方の草刈り作業が可能。
  4. 左後方ポジション農道を左側走行しながら草刈り作業ができ、対向車とのすれ違いが安全で容易

まとめ

以上、番外含め4種類の草刈り機紹介しましたがいかがでしょう。自分の作業にあった1台を選ぶ上で、少しでも参考にしていただけたらと思います。

各メーカー装着方法や装着できるトラクタの適応馬力で、型式が変わってきますので、詳しくは、お近くの農機具屋さんに相談して みてください。

新品の草刈機をYahoo!でお探しの方はこちら

新品の草刈機を楽天市場でお探しの方はこちら

中古の草刈機をお探しの方はこちら

唐沢農機サービス

865 views

長野県東御市の農機具販売店「唐沢農機サービス」です。 農業を下支えする農機具類についてのコンテンツをご提供していきます。 https://www.karas...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。