今が旬!たんぽぽ茶とブルーベリーを使った美肌レシピをご紹介

食×農業

今回は、たんぽぽ茶とブルーベリーという最強のヘルシー・コンビがタッグを組んだ美肌レシピのご紹介です。“たんぽぽ茶とブルーベリーは美肌にも効果あり”というレシピです。

たんぽぽ茶の魅力

たんぽぽ茶は、ノンカフェインなので妊娠中のご婦人専用の飲み物と思われがちですが、実はすべての女性の強い味方でもあります。

たんぽぽ茶にはビタミン類が多く含まれており、とくにビタミンAとビタミンCが豊富です。

ご存知のように、ビタミンAは、粘膜や皮脂といったカラダ表面の上皮組織を生成する役割をもっていて、お肌の乾燥を予防する働きがあります。髪の毛にハリや潤いをもたらしてくれるのもビタミンAのチカラなんです。

ビタミンCはというと、コラーゲンの生成を促す作用があるので、お肌のハリを保つ役割をしてくれます。

たんぽぽ茶は、お肌の荒れやシミを抑えてくれるなど、いろいろな美肌効果が期待できるんです。

今が旬のブルーベリー

一方、ブルーベリーは、近視や白内障、眼精疲労といった目への効果が有名ですが、たんぽぽ茶と同じように美肌をつくる食べ物でもあります。

ブルーベリーに含まれる“アントシアニン”は、血流を改善してくれるので、お肌の色やツヤを良くしてくれたり、コラーゲンの合成も促進する働きもしてくれます。

たんぽぽ茶とブルーベリーを仲立ちする「寒天」

さて、これから、たんぽぽ茶とブルーベリーを使った美肌レシピとなりますが、仲立ち役として「寒天」に登場してもらうことにします。

寒天は、80%が水溶性の植物繊維で構成されており、便秘解消に効果的というのはよく知られていますが、寒天に含まれる“アガロペクチン”も大切な存在です。

“アガロペクチン”は、お肌の細胞を老化させる活性酸素の生成を抑えてくれるので、シワやタルミを防ぐことができるのです。

寒天は寒天でも、粉寒天は製造過程で“アガロペクチン”が減ってしまいます。

なので、ここで使うのは糸寒天がオススメです。

寒天が取り持つ“たんぽぽ茶”と“ブルーベリー”の美肌レシピ

材料(カップ5個分)

  • たんぽぽ茶・・・・・・・・・・・ティーバッグ2包
  • 水・・・・・・・・・・・・・・・550cc
  • 糸寒天・・・・・・・・・・・・・2g
  • ブルーベリー・・・・・・・・・・大さじ6~
  • 粉黒砂糖(普通の砂糖でもOK)・・大さじ5~

①水を沸騰させて、たんぽぽ茶を煮出し、粉寒天を入れて混ぜながら溶かします。ドロッとなったら、粉黒砂糖を投入。

②小さい器に分け入れて、しばらく置いて荒熱を取った後、ラップをかけて冷蔵庫で冷やします。

③あとはブルーベリーを乗せるだけ。混ぜてお召し上がりください。

カンタンでお肌にとってもいいレシピです。ぜひ、つくってみてください。

今回のレシピの材料は「農家直売どっとこむ」でご購入ください!
美肌の味方、“たんぽぽ茶”はここから。“ブルーベリー”はこちらです

s.yamamoto

49,059 views

ツチカウ編集部の山本です。マーケティングを生業としながら、米とカボチャを生産する両親を支えつつ、日本の農の未来に想いを寄せています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。