肥育牛の起立困難事故をIT技術で解決!

ニュース・新着情報

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の谷口です。

肥育後期において牛が横になった状態から起き上がれなくなり、その状態が続くことで肺が圧迫され窒息死してしまう起立困難事故。

大切に育ててきた牛が事故で死んでしまったら悲しいですよね…。

経済的にも大打撃になってしまいます。(一頭あたりの損害額はおよそ100万円です)

ちなみに、起立困難事故による潜在的損失額は年間推定46億円と言われています。

今まで、起立困難事故を防ぐためには定期的な見回りが必要でした。

しかし、夜間の牛舎巡回は肉体的にも精神的にも負担が大きいですよね…。

実は、そんな起立困難事故をIT技術で解決する方法が生み出されました!

人工知能を活用した肥育牛向け起立困難検知機能の試験提供開始!

酪農・畜産向けIoTソリューションを提供する株式会社ファームノート(本社:北海道帯広市、代表取締役 下村瑛史 以下、ファームノート)は、人工知能を活用した牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」の新機能として、肥育牛向け起立困難検知機能の試験提供開始しています!

「Farmnote Color」とは、

「Internet of Animals(※4)」を実現する牛向けウェアラブルデバイス。牛の首に装着したデバイスがリアルタイムに牛の活動情報を収集。人工知能を活用して反芻・活動・休憩データから発情や疾病兆候を検知し、酪農・畜産生産者の生産性向上に貢献する製品です。

ファームノート、肥育生産者に向けたFarmnote Colorの新機能を試験提供開始|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

人間のみならず、牛にもウェアラブルデバイスが普及する時代もすぐそこまで来ているようですね。ちなみに、牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」の見た目はこんな感じです。

牛向けウェアラブルデバイスのFarmnote Color
Farmnote Color:画像出典|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

なかなかスマートな見た目ですね。かっこいいです。

起立困難事故を減らす検知機能

「Farmnote Color」は牛の起立困難をどのように検知するのでしょうか。

まず、牛に「Farmnote Color」を装着します。

「Farmnote Color」を装着した牛
「Farmnote Color」を装着した牛:画像出典|PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

「Farmnote Color」を装着した牛、かっこいいですね。

装着された「Farmnote Color」が牛の行動データを収集します。そのデータから人工知能が牛の起立困難状態の判定・検知を行います。

そして、牛が起立困難状態に陥ると、生産者様のスマートフォンやタブレットにプッシュ通知でお知らせしてくれるのです。

画像出典:PR TIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000039111.html

すごいですね…!

「ファームノート」では2020年9月9日(水)から利用希望の生産者を募集しています。

導入を希望する畜産農家の方、ぜひ問い合わせてみたらいかがでしょうか。

株式会社ファームノート カスタマーサポート
TEL:0155-67-6911(平日:10:00-18:00)
MAIL:cs@farmnote.jp

牛向けウェアラブルデバイス「Farmnote Color」をさらに詳しく知りたい方はこちらから

t.taniguchi

1,823 views

ツチカウ編集部の谷口です。農家の孫かつ家畜獣医の息子です。農家の皆さんのおかげでここまで大きくなりました。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。