確実に収入を見込める農業を作る。農作物ごとの顧客評価と栽培データの統合を通して、新たな農業の形を構築。

ニュース・新着情報

こだわり生産者から直接食材を買うことができるオンラインマルシェ『食べチョク』を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区 代表取締役社長:秋元里奈)は、一気通貫型のIoTサービスを提供する株式会社Momo(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役:大津 真人)の農業向けIoTキット「Agri Palette(アグリパレット)」とデータマーケティング第一弾として連携した。農作物ごとの顧客からの評価と栽培データの統合を通して予め収入を予測できるデータドリブン農業の構築を目指す。今回の取り組みを先駆けとして、今後は他センサリングサービスをはじめ、様々な企業とのデータ連携を進めていく予定。

データドリブン農業の現状

データドリブンとは、データに基づいて判断や行動をすることを指します。
昨今、農業IoTは、圃場(ほじょう:畑や菜園、田畑)の見える化によって、農法や作業における効率化と改善をもたらす技術として注目を集めています。しかしサーバにデータを送り保存できるような農業IoTデバイスは一般農家に普及しておらず、農作物の栽培は勘と経験に依存しています。作物は収穫より早い段階で品質を見極めることが難しく、収穫の最終段階まで収入が不確定となることが農業事業者の課題となってきました。

データを駆使することで収入の予測ができる農業を目指す

『食べチョク』は、こだわり生産者から直接食材を買うことができるオンラインマルシェとして運営しています。登録生産者は750軒を突破し、生産者/食材ごとの顧客評価をデータ化してきました。
『Agri Palette』は、農作物に必須の土壌(土壌水分量・土壌温度・土壌EC・土壌Ph)と空気(気温・湿度・二酸化炭素濃度)と日照量のデータを畑から取得し、受信機を通じてウェブ(データベース)に記録、アプリで可視化するセンサーシステム。これにより品質・収量・収穫時期のコントロールが可能になります。
今回の連携は、『食べチョク』で高評価を得ている農家に『Agri Palette』を導入することで、顧客からの評価と栽培データ(土壌EC・温度・水分・土壌Ph・CO2・日照量・温湿度・位置情報)を統合し、あらかじめ評価を想定できるシステムの構築を目指します。 そして、新規就農・新規作付けのリスクを減らし、農業事業者の経済的安定を目指す今回の試みにより、数年後には農業事業者は栽培しながらデータを参照することによって、収穫前に収入の予測がつく農業を実現しようとしています。

食べチョクについて

『食べチョク』はこだわり生産者から直接商品を購入できるオンラインマルシェです。好みに合う生産者を選んでくれる「食べチョクコンシェルジュ」、旬な果物が定期的に届く「食べチョクフルーツセレクト」、友達と分けあえる「共同購入」の機能、販売前に商品を取り置きできる予約機能など、様々な買い方を提供しています。

Agripalatteについて

『Agri Palette』は植物に必須の土壌(土壌水分量・土壌温度・土壌EC・土壌Ph)と空気(気温・湿度・二酸化炭素濃度)と日照量のデータをセンサにより取得しゲートウェイ(受信機)を通じてウェブ(データベース)に記録し、アプリで可視化するセンサーシステムです。さらにデータ連携(Web hook) 技術により同一ハードウェアを用いてサードパーティ企業が開発することを可能にしました。これにより農家や農業法人は1組のデバイスを購入するだけで多くのアプリケーションによるユーザー体験を享受できます。

参照元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000033.000025043.html

Yui Takato

26,457 views

ツチカウ編集部のYuiです。よろしくお願いします!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。