厳選!農機具を高く売りたいときの農機具の買取査定サイト4選

農業のヒント

農業に必要なモノって何でしょう?
土地、お金、肥料、資材…様々なモノがあると思いますが、欠かせない一つに「農機具」があります。農機具(農業機械)といえば、トラクターやコンバインのような大型のものから、耕運機や管理機、刈払機、噴霧機、発電機など中型〜小型のものまで、その用途と役割に沿って様々な種類・型番の製品がありますね。

自動車などに比べて流通量の少ない農機具は、どうしても価格が高くなりがち。他に代替手段が少ない中、農家さんや農業法人にとっては実費がかかるお話なので、なかなか悩ましいところでしょう。

けれど逆に言えば、「中古農機具」は他に流通している可能性が低い「一点もの」の可能性が高いので、不要なモノは売りに出すという選択肢があります。
そして今や、インターネットのフォームに入力するだけで概算の買取金額を教えてくれる「農機具の買取査定サイト」も数多くあります。

今回はそんな「中古農機の買取査定サイト」を厳選してご紹介します!
少しでも高く売ることができれば、新しい機械を購入する資金に回すこともできますし、農業を営む上では欠かせない視点ですので、売却先を比較検討する時にご参考ください。

ノウキナビ農機具買取査定

中古農機だけでなく新品農機の取り扱いや、送料・運賃を実質無料にするサービスを打ち出すなど、常に新しいサービスを追求している「ノウキナビ」の買取査定専用サイトです。(運営元:株式会社唐沢農機サービス)

ここのメリットは何と言っても「中間業者を挟まずに」全国200店舗以上の農機具屋ネットワークの中から最適な店舗に、直接見積依頼が出せるという点。いわゆる農機具のプロが直接対応するので、写真などを追加で送れば、かなり現実的な査定金額を出してもらうことができます。

フォームに必要事項を記入して送信するだけでなく、フリーダイヤルのコールセンター(0120-555-071)に直接対応してもらうこともできますので、使い勝手は良さそうです。

農機具屋だからできる農機の高額買取「ノウキナビ農機具買取査定」はこちら

 

農機具高く売れるドットコム

上場企業である株式会社マーケットエンタープライズが運営する農機買取サービスです。買取サービスを10年続けてきた企業なので、過去の累計取り扱い実績がウリと言えます。

メリットは長年のあいだに蓄積してきた農機具買取のノウハウに基づいた安心感や上場企業の信頼性、ではないでしょうか。買取拠点は大都市を中心に全国10拠点を展開しているため、こちらも全国に対応が可能とのことです。

WEBフォームと電話、LINEでも買取に関する相談窓口を設けています。LINE相談はお手軽で良さそうですね。チェックしておきたいサイトの一つです。

買取サービス利用者が「薦めたい」と思う買取サービス「農機具高く売れるドットコム」はこちら

 

農業機械買取専門店 農機具王

3番目にご紹介するのは、こちらも買取専門店として実績のある「農機具王」。株式会社リンクが運営しています。

全国に拠点が19店舗あるという点では「高く売れるドットコム」の上を行っています。東北、中部、関東甲信越などを中心に、拠点が比較的地方にも分散している点が特徴的です。

農機具買取だけを専門でやってきた点が強みと言えます。実績に裏付けられた専門性で、間違いのない査定金額を出してくれるでしょう。相見積もりなどを検討する場合は押さえておきたいサイトの一つです。

地域密着型農機具買取専門店「農機具王」はこちら

 

農機具買取査定君

上場企業のシェアリングテクノロジー社が運営する、農機具買取専門サイトの一つです。

こちらの特徴は、1回のフォーム入力で最大5社に見積りを取れる「一括査定」という点。複数の見積りを比較したいと考える方には、依頼が1回で済むのはメリットと言えそう。

引越しの一括見積りなどと同様で、送信した直後は次々に来るメール対応を覚悟しなければならないのはデメリットかもしれませんが、1円でも高く売りたい!ということであればこちらから依頼するのが早道でしょう。

中古農機具買取一括査定サイト「農機具買取査定君」はこちら

 

まとめ

農作業のお供として欠かすことのできない「相棒」である農機具。できれば整備してもらって、次の人にも快適に便利に使ってもらいたいと思いますよね。

知人や農協に頼るのも一手ですが、より広い視野で「必要としている人」に届けるためには、今回ご紹介したような農機具査定サイトを活用するのがスマートです。特に農機具販売店が運営する「ノウキナビ」は、全国にネットワークが張り巡らされており、守備範囲がダントツに広いのでオススメ。農機具整備のプロが状態などをしっかり確認した上で査定してくれるのは嬉しいポイントです。

「農機具」「査定」などで検索すると(広告も含め)多くのサイトがヒットすると思います。どれを選んで良いのか分からないこともあるでしょう。
今回ご紹介した4サイトを一つのご参考に、いざ農機具を売ることになった…といった時にこの記事を思い出していただけると嬉しいです。

農機具と上手に付き合い、最後まで気持ちよく送り出してあげる…というのも、農業を営む人としての“たしなみ”だったりするのかもしれませんね…。

s.yamamoto

9,267 views

ツチカウ編集部の山本です。マーケティングを生業としながら、米とカボチャを生産する両親を支えつつ、日本の農の未来に想いを寄せています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。