日本の牛乳を救う「プラスワンプロジェクト」が緊急スタート

ニュース・新着情報

緊急事態宣言の対象地域拡大によって、学校給食や外食産業における牛乳乳製品の消費の更なる減少が懸念されています。
農林水産省は、酪農家を支えるため、牛乳やヨーグルトを普段より1本多く消費することを推進する「プラスワンプロジェクト」を2020年4月21日より開始しました。

国内の牛乳乳製品の需給状況は?

新型コロナウイルス感染症が拡大し、休校による学校給食向け牛乳のキャンセルや商業施設の休業などによる消費減退に対しては、牛乳をバターやチーズといった乳製品へと加工することによって、行き場を失う生乳が出ないよう、生産者団体と乳業メーカー、農林水産省が一体となって取り組んできたところです。

しかしながら、4月7日の緊急事態宣言(対象:7都府県)及びそれに伴う休業要請を境に、カフェやレストラン、百貨店(スイーツ等)などの業務用の需要が大きく落ち込んでいます。さらに、4月16日には、緊急事態宣言の対象地域が全国へ広げられました。

今後、生乳生産が6月までのピークに向けて更に増加していく中、乳業メーカーの乳製品の製造能力を超えてしまい、行き場を失った生乳を廃棄せざるを得ない状況に陥るおそれがあります。

農林水産省としては、この6月までの生乳生産のピークを乗り切ることができれば、生乳の廃棄といった危機を回避することができると考えています。

消費者の皆さんへのお願い

生乳生産にあたっては、乳牛の病気を防ぐため毎日搾乳し続ける必要があり、工場で生産される産物と違って、生乳の生産量は短期的にコントロールできません。

このため、生乳の廃棄といった食品ロスを生じる事態や乳牛を減らすことなく、この難局を乗り切るために、お買い物の際に牛乳やヨーグルトを普段より1本多く購入いただければ、酪農家への応援につながります。

上記のように説明し、農林水産省は消費者の協力をお願いしています。

参考URL:https://www.maff.go.jp/j/chikusan/gyunyu/lin/dairyinfo_corona.html

メッセージ動画「牛乳乳製品課からのお願い」
URL:https://www.youtube.com/watch?v=NIIPhHst-nU

最後に

巷の飲食店や学校など、新型コロナウイルスの影響によって意図せず「食品ロス」を生み出してしまう現況があります。

私たちはこういった業界の動向にアンテナを張り、自分たちに何ができるのか?を考えていく必要に迫られているとも言えます。

先日の調査でも、食品ロス問題への高い関心度がうかがえる結果が見られました。今回の新型コロナウイルス騒動を機に、改めてそういった問題に取り組む必要があると感じる方も少なくないと思います。

私たちにできることは何か。
農林水産省が発表した今回の啓発運動は、比較的取り組みやすい例だと思います。日本人ならではの「もったいない精神」ではありませんが、現代社会の生んだ闇として生じている「食品ロス問題」。改めて考えていく必要がありますね。

s.yamamoto

35,105 views

ツチカウ編集部の山本です。マーケティングを生業としながら、米とカボチャを生産する両親を支えつつ、日本の農の未来に想いを寄せています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。