簡単!美味しい!おしゃれ!家庭菜園でこれから栽培すべきは二十日大根

農業のヒント

平年に増して暑い日が多い印象の2020年の夏。家庭菜園をしている皆さんの中には、トマトやキュウリなどの夏野菜の収穫を終えたという方も多いのではないでしょうか。
少しずつ涼しくなっていくこれからの時期に、種まきのベストシーズンを迎える野菜はたくさんあります。その中でも今回は、家庭菜園の初心者でも挑戦しやすい「二十日大根」の育て方をご紹介します。

二十日大根ってどんな野菜?

二十日大根はラディッシュと同じ

二十日大根は、ラディッシュとも呼ばれているアブラナ科ダイコン属の植物です。カブのような丸みのある形をしていますが、本当はダイコンの種類。一般的によく見られる、赤くて丸いもの以外にも白色や紫色、細長い形の品種があります。
種をまいてから20日ほどで収穫できることから「二十日大根」の名がつきました。実際の栽培期間は30日前後です。栽培を始めるタイミングは、春と秋が最適で、真夏と真冬を避けた冷涼な気候の季節を選びましょう。

小さなからだに栄養たっぷり!

二十日大根は、その豊富な栄養素にも注目です。根の部分には、ビタミンCや消化酵素のアミラーゼが含まれています。ビタミンCは、骨や皮膚に多く含まれるコラーゲン繊維を作るのに大切な役割を果たしますが、体内で作ることができません。水に溶けやすい性質があるので、茹でずに生のまま摂取するのがおすすめです。また、ビタミンCはウイルスへの抵抗力をつけるのにも役立つと言われています。
一方の消化酵素アミラーゼは、消化を助け、胃腸の働きを促します。疲れた胃を休めると言えば、春の七草粥も伝統的な日本の食事ですが、実はこの七草の「スズシロ」は二十日大根の一種なのです。
あまり食べる機会の少ない葉の部分にも優秀な栄養素が含まれています。その主な成分が、カロテン、ビタミンC、カルシウムです。特に、カロテンは体の中でビタミンAに変わり、普段の生活では不足しがちな栄養素を補ってくれますよ。

プランターにも畑にも最適

二十日大根は、プランター栽培にぴったり。育てやすく、収穫までの期間が短いので、プランター栽培の初心者にもおすすめの野菜です。
さらに、二十日大根は畑での露地栽培にも適しています。メインで育てている野菜の収穫を終えた空きスペースでの「間作」にも利用できます。二十日大根は、連作障害が出ないため、同じアブラナ科の野菜の畑でも栽培できるのがメリットです。

美味しい二十日大根の育て方

種まきのポイントは「整列」

二十日大根のように根が太くなる直根類の野菜は、プランター栽培でも畑でも同様に、直接土に種をまいていきます。この時、バラバラとまいてもいいですが、支柱などでまっすぐに溝を作ってから1cmほどの間隔で種をまくと、その後の間引きの作業がしやすくなります。
種をまいたらふるいでうっすらと土をかけます。軽く手で押さえたら、たっぷりとお水をあげるのを忘れずに。

2回の間引きで大粒に

二十日大根の育て方で重要なのが間引きです。きちんと間引きをしないと根が窮屈になり、形がよく育ちません。大ぶりで綺麗な球体を目指すなら、種まきから収穫までに2回の間引きを行いましょう。
種まき後、芽が発芽したら密集している部分を間引きします。手で抜くよりも、ハサミで切る方が他の根を傷めず安心ですよ。間引きをしたら追肥を行います。二十日大根は乾燥に弱いため、水で薄めた液肥での追肥がおすすめです。
本葉が3・4枚ほどになるまで成長したら、2回目の間引きです。二十日大根同士が4cmほどの間隔になるように抜いていきます。今回はハサミを使用せず、株元を片手で押さえてもう片方の手で引き抜けばOK。残す株の根を傷つけずに間引きができます。ちなみに、この時の間引き菜は食べられます。ベビーリーフとしてサラダにしてもいいですし、サッと湯がいてお浸しやお味噌汁にしても美味しくいただけます。
収穫までは1週間に1度ほど液肥での追肥をしてくださいね。

収穫のタイミングを逃すべからず

種まきから30日ほど経つと、丸みをおびた赤い根が顔を出してきます。根の直径が2・3cmになったら収穫適期。このタイミングを逃すと、根にすが入ってしまったり、根が裂けたりして、味が落ちてしまうため注意が必要です。

二十日大根のおすすめレシピ

大切に育てた二十日大根、せっかくならより美味しくいただきたいものです。定番のサラダからメインディッシュまで、一押しのレシピをご紹介します。

二十日大根のサラダ

用意する食材:二十日大根、レタスやトマトなどお好みの野菜
作り方:1)野菜は洗ってから水気を拭き取り、食べやすい大きさにカットします。2)二十日大根は葉と細い根を取り除いて、スライス。3)自由に盛り付けたら完成です。二十日大根の綺麗な色味を活かして盛り付けると美しく仕上がりますよ。
洋風・和風・中華風…どんなドレッシングでも美味しくいただけます。フレッシュな二十日大根はピリッとした爽やかな辛味がたまりません。ビタミンCなどの栄養素も効率よく摂取できますよ。

二十日大根のピクルス

用意する食材:二十日大根、米酢50ml、水50ml、白ワイン20ml、砂糖大さじ3、塩少々、お好みでローリエ・鷹の爪・ニンニクなど
作り方:1)二十日大根以外の食材を鍋に入れて火にかけます。砂糖が溶けて、アルコールが飛んだら火を止めます。2)粗熱をとったピクルス液に二十日大根を漬けます。冷蔵庫で2時間ほど置けば完成です。
ピクルスは清潔に保てば冷蔵庫で2週間ほど保存がききます。赤い二十日大根のピクルスは、漬け込み液も赤色になり、見た目も鮮やか。この液でドレッシングやソースを作れば他の料理にも活用できますよ。

鶏肉と二十日大根のハーブ焼き

用意する食材:鶏もも肉200〜300g、二十日大根5株、オリーブ油大さじ1、マジックソルトお好みの量
作り方:1)鶏もも肉は一口大ほどの大きさに、二十日大根は半分に切ります。2)熱したフライパンにオリーブ油を入れ、鶏もも肉を皮面から焼きます。3)鶏肉からしっかり油が出てきたらひっくり返します。4)鶏肉に火が通ったら二十日大根を加えて全体に油が行き渡るように混ぜ、マジックソルトで味をつけます。二十日大根がほんのりピンク色に変わったら完成。
鶏肉と合わせれば二十日大根も立派なメインディッシュに早がわり。二十日大根には火を通しすぎないのがポイントです。ジューシーな鶏肉の旨味と二十日大根の食感が病みつきになりますよ。

二十日大根の葉の胡麻和え

用意する食材:二十日大根の葉20本分、えごま30枚、めんつゆ大さじ3、胡麻2分の1カップ、砂糖大さじ1
作り方:1)二十日大根の葉っぱは沸騰したお湯でサッと茹で、ざるに取り、冷ましておきます。2)えごまは千切り、茹でた二十日大根の葉は一口ほどの大きさに切ります。3)ゴマをすり鉢で擦り、香りが出たら麺つゆ、砂糖を入れて混ぜ合わせます。4)ゴマだれとえごま、二十日大根の葉を絡めたら完成です。
栄養たっぷりの二十日大根の葉っぱを使ったレシピです。間引き菜で作っても美味しいですよ。

まとめ

栽培期間が短く、プランターでも育てやすい、二十日大根。間引きの回数と収穫のタイミングをしっかり守れば、どなたでも美味しい二十日大根が育てられますよ。ビタミンC などの栄養価が豊富で、根だけでなく葉っぱも美味しく召し上がれます。
これから涼しくなる時期に合わせて、皆さんも二十日大根を栽培してみてはいかがでしょうか。

Minami Ota

2,363 views

フリーライターの太田です。 私も大人になってから「農業の魅力」に気がついた一人です。 農がキーワードの身になる話題を随時お届けしていきます!

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。