【サングラスで紫外線から農家さんを守る!】 L.A.発のサングラス「goodr」で、快適且つおしゃれな農作業

Humans of 農業

みなさん、こんにちは。ツチカウ編集部の恩田です。

春になり、日中の日の光が眩しい季節となってきました。

サングラスで紫外線対策を行い、快適且つおしゃれな農作業をしませんか?

FOODBOX株式会社 「農家の目を守り、おしゃれに楽しく農作業ができるサングラス文化の展開 」 開催

(画像提供: FOODBOX株式会社 )

FOODBOX株式会社(本社:東京都中央区日本橋小伝馬町 21-1 THE PORTAL Nihombashi East 4F 、代表取締役社長:中村 圭佑)が、全国の農家さんにサングラス文化を広めるイベント「農家の目を守り、おしゃれに楽しく農作業ができるサングラス文化の展開」を開催しています。

FOODBOX株式会社は、フードプランニング事業や、企業向けに農業資材の事業化・販売などを行っています。また、農家・食と農業関連の企業・学生が対象のオンラインサロン「#FOODlab」の運営も行っています。

今回のイベントは、スポーツ関連の事業を展開している、ブルータグ株式会社(本社:東京都世田谷区等々力 6-23-20 2A 、代表取締役社長:今矢 賢一)との共同企画です。

ブルータグ株式会社はスポーツ関連事業を展開し、L.A.発のサングラスブランド「goodr」を販売しています。FOODBOX株式会社は、農家さんが紫外線対策を行い、且つ、おしゃれで楽しい農作業ができることを願い、 今回のイベントを企画しました。

「#農家もgoodr」 で情報拡散

イベントではまず、FOODBOXが運営するオンラインサロン「#FOODlab」などで、参加者の農家さんにサングラスが紫外線対策に優れている点と、おしゃれで楽しい農作業ができるという点をお伝えします。 

情報に共感してgoodrのサングラスを購入してくれた農家さんには、SNSにオリジナルハッシュタグ「#農家もgoodr」を付けて情報拡散をしてもらい、 農業にサングラス文化が広まることを目指します。

またイベントでは、FOODBOXオリジナルのサングラスをデザインし、4月中旬に農家さんを対象にしたプレゼントキャンペーンを行う予定です。

農業にサングラス文化の広がりを

サングラスは重要な存在です。理由として、近年、環境問題の悪化により、農家さんが目を保護する必要性が高まっているからです。

気象庁の紫外線観測データによると、1990年の観測開始以降、地表に到達する紫外線増加率は、10年あたり+4.2%(年間2.95kJ/m2)と、増加傾向にあります。

出典:紫外線の経年変化

目は長時間紫外線を浴び続けると慢性的な充血になり、 結膜が異常に増殖して角膜に覆い被さってくる 「翼状片」や、 白内障などの眼病になるリスクを高めるとも言われています。近年、紫外線は増加傾向にあるため、屋外での作業が多い農家さんにとって、サングラスで目の保護をすることは重要です 。

今回のイベントをきっかけに、農業にサングラス文化が広がるといいですね。

onda

1,293 views

ツチカウ編集部の、恩田さつきです。 好きな野菜はじゃがいも。 きらいな野菜はありません。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。