北海道産アスパラガスのお披露目イベント、1月22日にPatia西新橋店にて開催

ニュース・新着情報

株式会社AgriInnovationDesign(本社:東京都中央区、代表取締役:脇坂真吏)は、まだまだ数が少ない、真冬に生産される北海道産アスパラガスのお披露目イベント「東神楽町種と実セレクト【雪アスパラ】発表会」を2020年1月22日(水)に開催する。

北海道東神楽町のラグジュアリーブランド、新認定商品のお披露目イベントとなる今回、東京で多くの方に「雪アスパラ」とその美味しさについて認知を広げたい狙いだ。

北海道道北の玄関口、旭川空港のある東神楽町。
同町の掲げる、地域ブランド『種と実セレクト』に加わる新しい品目が、真冬に生産する「雪アスパラ」。

町内の吉原農場(東神楽町)で数年前から取り組み始めたこのアスパラについては、まだまだ生産量も少なく地元出荷が中心ではあるものの、東京で多くの方に「雪アスパラ」の美味しさを広げる為、今回の発表会イベントを行う。
※「雪アスパラ」は株式会社吉原農場の登録商標。

このイベント実施の背景として、株式会社AgriInnovationDesignでは、下記のコメントを出している。

東神楽町では農業がメイン産業ですが、これまで地域ブランディングなどの着手や特産品開発もほとんど行っておらず、そうした中で誕生したのが、「東神楽の種と実セレクト」です。

北海道の中央部、大雪山連峰の麓にある東神楽町からお届けする、町が最高品質と公認したブランドの名称とし、澄んだ水と空気、肥沃な大地から生産される農産物や、卓越した職人の手により作られた加工品などを認定しています。東神楽にあるモノや魅力を日本・世界へ発信していきたいという想いがありながらもまだまだ外への発信ができていない中で、今回珍しく品質もよい雪アスパラを東京での初の発表会として実施することになりました。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000008.000038295.html

発表会当日は、アスパラ生産者の吉原康弘さん(東神楽町/吉原農場)にもご参加いただき、生産者自ら想いと生産方法について語っていただきながら、調理した雪アスパラを味わうことができる予定。雪アスパラについてお酒と軽食を交えてのディスカッション、交流会も予定している。

■プログラム(セミナーの場合)
18:30 開場
19:00 挨拶
19:10 雪アスパラについての発表
19:20 雪アスパラ試食
20:00 参加者での感想共有並びにディスカッション
20:50 閉場

■生産者(当日ゲスト)紹介
吉原康弘(株式会社吉原農場/農家)
1988年東神楽町出身
吉原農場4代目として農業に従事し、雪アスパラの生産など新しい品目にも着手

「東神楽町種と実セレクト【雪アスパラ】発表会」実施概要
イベント名:東神楽町種と実セレクト【雪アスパラ】発表会
開催日:2020年1月22日
会場名:Paria西新橋店
アクセス:港区西新橋1丁目11−8 丸万5号館2F
最寄駅:都営三田線内幸町駅徒歩3分/東京メトロ銀座線虎ノ門徒歩4分/JR新橋駅徒歩7分
申し込み方法:https://dosanbartanetomi.peatix.com
参加費:1,650円(税込)

s.yamamoto

17,547 views

ツチカウ編集部の山本です。マーケティングを生業としながら、米とカボチャを生産する両親を支えつつ、日本の農の未来に想いを寄せています。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。