【家庭菜園でも要注意】連作障害を防ぐためにはどうすればいいの?【プランターも!】

農業のヒント

植物や野菜の栽培を行っている人あれば、「連作障害」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。農家さんや大きな畑で野菜を栽培している人だけが悩まされる問題だとお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、実はプランターでの家庭菜園であっても連作障害は発生するのです。今回の記事では、連作障害の原因と「どうすれば防ぐことができるのか?」をご紹介したいと思います。

そもそも連作障害とは?

連作障害について考えていく前に、まずは「連作」とは何なのかについてご説明いたします。連作とは、「毎年同じ場所で同じ作物(同じ科の野菜)を続けて作ること」を言います。作物の栽培を始めたばかりの人からすれば「同じものを作り続けるのは当然じゃないの?」と思われるかも知れませんが、実は、連作によって野菜の育ちが悪くなってしまうことがあるのです。この連作による生育不良のことを「連作障害」と呼びます。

連作障害の原因は?

連作障害が発生してしまうのには、いくつかの理由が存在します。代表的なものとしては、「土壌から栄養が失われてしまうこと」が挙げられます。野菜が成長するためには栄養が必要不可欠です。そして、野菜によって必要とする栄養分は異なっているため、同じ場所で同じ野菜を作り続けていると、必然的にその必要とする栄養分だけがどんどん吸収されてしまいます。その結果、土壌からはその成分だけが欠如した状態になるのです。こうして土壌の栄養バランスが崩れてしまうと、生育障害が起きやすくなってしまいます。

また、一部の植物は他の植物の生育を抑制する物質を発生させることがあるので、この物質が土壌に残ってしまうことで、やはり生育障害のリスクが高くなってしまいます。また、栄養バランスだけではなく、土壌中に棲む微生物のバランスも崩れやすくなります。さらには、同じ野菜を繰り返し栽培することにより、必然的にその野菜を好む「病害虫」が集まりやすく、繁殖の原因となってしまいます。

連作障害を防ぐためには?

病気や害虫とは違い、連作障害は植物の生育に複合的なダメージを与える障害です。一度発生してしまうと、そこから改善するのは中々難しいと言えるかも知れません。連作障害を防ぐためには、事前の対処が必要になってきます。ここからは「どうすれば連作障害が起きないか?」について説明していきます。

連作障害を防ぐための最も簡単で効率的な方法は、そもそも「連作をしないこと」だと言えます。植物の中でも野菜には、同じ野菜を同じ場所で作るために何年の間を開けるべきか、という目安が存在します。連作を避けようとしたら、栽培する野菜の場所を1〜2年ごとに変えていく必要があります。この栽培方法を「輪作」と言います。そして、先ほどの「何年の間を開けるべきか」という目安を「輪作年限」と呼びます。育てたい野菜の輪作年限を調べたうえで、長期的な栽培計画を立てることで、連作障害に悩まされずに野菜を栽培できるようになります。

また、野菜の中には連作障害に強いものも存在します。玉ねぎや人参などは、比較的連作障害が起きにくいと言われています。そういった品種を積極的に育てることで、連作障害を防げるかも知れません。しかし、あくまでも比較的強いと言うだけで、連作障害が全く起きないわけではないので注意しましょう。基本的に、どのような野菜であっても、連作を続けていればいつかは連作障害が発生します。しっかりと予防するためには、輪作を導入したり、これから説明する他の手段と組み合わせていく必要があります。たとえば、連作障害に強い野菜を育てる以外では、植えることによって近距離で栽培されている植物に良い影響を与える「コンパニオンプランツ」を活用することもおすすめです。

土壌から栄養が失われてしまうことにより連作障害は発生します。そのため、ふたたび土作りを行うことによって予防が可能です。簡単にできるものとしては、堆肥の利用が考えられます。堆肥には、作物に消費され続けた栄養分を供給してくれるだけではなく、土壌中の微生物の種類と数を増やす効果があります。微生物が増えることによって、病気の原因となる菌を抑えたり、他の植物の生育を抑制する物質の分解が行われます。土作りは大変な作業なので、どうしても手間に感じてしまうかも知れませんが、連作障害を防ぐためにはこまめな土壌改良が必要不可欠です。

プランターでも連作障害は起こる?

冒頭にも書きましたが、「連作障害は、農家さんや大きな畑で野菜を栽培している人だけが悩まされる問題なのでは?」と考えている方は少なくないかと思います。しかし、これまでにも説明した通り、連作障害が「毎年同じ場所で、同じ土を使って、同じ作物を続けて作ること」である以上、みなさんの家庭菜園もその条件に当てはまってしまうはずです。特にプランター栽培をしている方は、一度作った土をそのまま再利用して栽培を行っているというケースがあるかと思います。プランターも決して例外ではなく、同じ土をずっと使いまわしていると栄養が偏ってしまい、害虫や病原菌によって連作障害が発生してしまうのです。

畑など規模の大きい栽培の場合、輪作への対応や再度の土作りは大変ですが、プランター栽培の場合は、比較的簡単に連作障害の予防を行えます。最も効果的な手段としては、中の土を丸ごと入れ替えてしまうことが挙げられます。プランターの場合、古い土を捨てることも、プランター自体をきれいに水洗いすることも容易です。プランターは畑と違って土の量も少ないため、収穫が終わったら毎回新しい土に入れ替えてしまうのが、最も確実な予防策です。土を選ぶ際は、保水性と通気性、それに保肥性に優れている野菜用の培養土を選びましょう。

丸ごと入れ替えるのは難しいという場合は、「再生材」を利用するのも手です。再生材は、そのままプランターの土に撒くだけで土を以前のように再生してくれます。野菜の栽培に使用する場合は土に混ぜ込むことでさらに効果を発揮してくれます。プランターの土から小石や根などを取り除いたうえで再生材を入れ、スコップでしっかりと混ぜ合わせましょう。混ぜ合わせたらすぐに植え付けが可能なので、簡単に土を元通りにすることができます。再生材と似た効果を持つものとして、「土壌改良材」もあります。こちらは連作障害の対策に特化した改良材です。土壌中の微生物を増やすことで連作障害の原因になる菌の発生を抑えてくれます。これらを併用しながら、プランターの土作りを行いましょう。

まとめ

家庭菜園の楽しさに目覚め、しっかりと野菜を育て続けていると、どうしても連作障害という壁にぶつかってしまいます。目には見えづらい障害なので、知らず知らずのうちに生育不良になっていたというケースも考えられます。一度なってしまうと改善には時間が掛かってしまううえに、原因を見極めることは容易ではありません。そのため、連作障害を防ぐためには事前の準備が必要になります。しかし、裏を返せば、対策さえしていれば困ることは少ないと言えるので、これまでにご紹介した対処法を覚えて、きちんと実践してみてください。

OzakiAkira

5,536 views

フリーライター。インタビュー記事に定評があるせいかインタビューの仕事しか来ないので、他の記事も書きたい。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。